親指シフトの環境を構築する方法 – やまぶきR/やまぶき/DvorakJインストーラーなど

<追記:当社から親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボードを発売することになりました!>

前のページ(背景なども書いてあります)が長くなりましたので、こちらのページを作って、親指シフトの環境を構築する方法をご紹介します。(主として、Windowsで通常の106/109キーボードを使用する場合)

NICOLA-layout

(親指シフトのレイアウト ― クリックして表示される高解像度画像を保存してワープロソフトに貼り付けて印刷することができます。段ごとに切ってディスプレイの縁に貼り付けることをお薦めします。以前のカラー版はこちら。)

やまぶきR/やまぶきを使用する方法

(A)やまぶきR 親指シフトインストーラー(ローマ字入力用)<ここをクリックします>をダウンロードして実行します。

IMEで「ローマ字モード」で使うので、同じパソコンで「ローマ字モード」にすることもある場合には切り替えが楽になります。

<追記>IMEで「かなモード」で使う「やまぶき 親指シフトインストーラー(かなモード用)」もあります。やまぶきRと比べて処理が単純になっていますので、上級者に好まれているようです。

最新のWindows 10 64bitなどでも使えます。ただし、ストアアプリやEdgeブラウザーではうまく動かないようです。

<追記2016/1/12>ライターさんの紹介記事があります。

106/109キーボード用、ThumbTouch用(FKB7628-801、FMV-KB232、親指シフトノートパソコン用)、orz用などの設定を簡単に変えられるようにもなっています。

DvorakJを使用する方法

DvorakJは、ストアアプリでも使えるようです。

DvorakJ親指シフトインストーラーがありますので、これを使ってインストールするのが楽です。


Japanist 2003を使用する方法

富士通のJapanist 2003という有料ソフト(amazonだと4054円)を購入(最新のWindows 8.1 64bitなどでも使えます―ただし、Windowsストアアプリを除く)

このソフトは、日本語かな漢字変換システムに「快適親指シフト」というエミュレーターが組み合わさったものです。

キーボードシールが付属しますので、それだけでも買う価値があるかもしれません。

富士通の親指シフトキーボードはもちろん、通常の106/109キーボードもサポートしています。

キーボードドライバーが安定して動き、富士通の正規な製品であるという長所があります(仕事場で導入しやすい)。

しかし、日本語かな漢字変換システムとして最新の言葉が入っていない、カスタマイズ範囲が限られる(設定はこちらが詳しいです)、全角アルファベットとの切り替えが面倒、Google日本語入力のようにTabで候補選択ができないなどの課題もあります。Windowsストアアプリに対応するバージョンアップが望まれます。「快適親指シフト」を独立させるバージョンアップだけでも早めにお願いいたします。


親指の友 Mk-2 キーボードドライバを使用する方法

エミュレータープログラムというよりも、Windowsのカーネルモードで動作するキーボードドライバ+設定プログラムですので(ソースが公開されているフリーソフト)、Windowsストアアプリでも親指シフト入力を行うことができるそうです。2014/7に初版が公開されたので新しいですね。

こちらで「親指の友 Mk-2 キーボードドライバ V2.0L11」をダウンロード可能です。

動作が速そうでWindowsストアアプリでも動くので、これからの主流の方法になるのかもしれません。

しかし、インストールは難しそうです。特に、Windows 8やWindowsの64 bit版を使っている場合は下記の操作が必要のようです(普通の人だと無理そう!?)。

●Windows Vista, 7, 8, 8.1の32 bit版の場合(64 bit版よりは楽です)

コントロールパネル|ハードウェア…|デバイスとプリンター|デバイスマネージャー と進みます。

キーボードの下の「標準 PS/2 キーボード」のような項目をダブルクリックして開きます。

ドライバー|ドライバーの更新 と進みます。

コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します を選びます。

コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します を選びます。

ディスク使用 を選びます。

参照 を選びます。

「親指の友 Mk-2 キーボードドライバ」を展開したフォルダのx86フォルダ(のkbf_oya_mk2.inf)を選びます。

アンインストールは、作者様のreadme.txtに記載の手順で解決できない場合は、これに加えて、C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\kbf_oya_…のフォルダを削除するといいみたいです。

●Windows Vista, 7, 8, 8.1の64 bit版の場合(未署名のドライバーをインストールするための特別な操作が必要となります)

こちらが参考になります

(かなり難しそうです)

ドライバーを署名するには、年間5万円ほどかかるようで、フリーソフトでは難しそうです。


ドライバーインストール後に、config_uty.exe を右クリック、管理者として実行 します。
そして、親指シフトキーなどを確認、編集します。

IMEでは、ローマ字入力ではなく、かな入力にします。

どなたか使用感などをコメントしてくださると助かります。


Macの場合

こちらのサイトが参考になると思います。


Androidの場合

OyaWnnというアプリと、ELECOMの外付けキーボードTK-FBP018のような変換キーがBに近いキーボードの組み合わせがいいようです。
こちらやこちらやこちらのサイトが参考になると思います。


Linuxの場合

Ubuntu系にて、IBus-AnthyまたはFcitx-Anthyで使えるようです。

こちらのサイトには、Lubuntuの場合の説明があります。、UbuntuやLinux Mintの場合にもほとんど同じかと思います。


NICOLA仕様(親指シフト用かな配列)の拡張の提案 – NICOLA拗音拡張配列

親指シフト用かな配列を拡張する配列(NICOLA拗音拡張配列)を考えましたので、下において提案し、配列ファイルと導入方法を公開いたします。(親指シフトの環境を構築する方法はこちら

なお、ここでは「拗音」という言葉は、「促音」なども含んだ「小書き付きかな」(かな+ゃゅょぃっぁぃぅぇぉ)を意味する用語として使います。


<2017/4/9追記>

第3のかなの撥音(?っ)の仕様を変えました。打ちやすくなり覚えやすくしました。(Ver.1.62)

●撥音・促音(?っ)を入力する際、第1の組み合わせキー(下かな用)、第2の組み合わせキー(濁音など用)または第3の組み合わせキーと同時に押します。

●第3の組み合わせキーは、「かな」キーの外側の隣のキーにしました。例えば、「ぱっ」はY+U(Yの右隣)、「あっ」はS+A(Sの左隣)になります。

新仕様が反映されたDvorakJ親指シフトインストーラーやまぶき/やまぶきR親指シフトインストーラーについては後日公開いたします。


<追記:当社から親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボードを発売することになりました!>

こちらでも説明を書きました。


(参考画像:現在amazon.co.jpで15540円で売られている親指シフトキーボードThumb Touch FKB7628-801

背景

パソコンで日本語を入力する際、ローマ字入力している方がほとんどだと思います。

しかし、ローマ字入力だと、キーを覚えやすい反面、同じ内容を打つにも打鍵数が多く、左手の小指への負担が大きく、また、頭のなかで「かな」を「ローマ字」に変換してから入力することになって思考の妨げになるというような短所があります。

かな入力で有名なのは、JISかな入力と親指シフト(NICOLA)入力です。


(参考画像:JISかな配列)

JISかな入力だと、キーボードの4段を使うことになってキーボードを見ないで入力する「タッチタイプ(ブラインドタッチ)」が難しいこと、小指の負担が大きいこと、捨て仮名(ゃゅょぃっ等)はもちろん、濁音(ば等)、半濁音(ぱ等)を別のアクションで入力することになること、捨て仮名は小指シフトをしながら4段目を押すことになることというような短所があります。

親指シフト入力方式は、元々富士通がワープロOASYS用に開発したものですが、その後、権利がフリーであることを明言し、日本語入力コンソーシアム(NICOLA)にて若干の拡張が行われました。

親指シフト(NICOLA)入力だと、キーボードの3段しか使わないのでタッチタイプが可能で、濁音、半濁音をワンアクションで入力することができます。

最近になって、勝間和代さん姫野カオルコさんなどの文筆家やブロガーなどの影響で、親指シフト(NICOLA)入力を新たに始める人も増えています。

上の写真のような専用のキーボードを使う必要はなく、通常の106/109キーボードでも、左シフトキーに「スペース」キー、右シフトキーに「変換」キーというように専用ソフトウェアによって割り当てることで、親指シフトを実現することができます。

その場合でも、こちらにリストされているような「変換」キーが中央に近いキーボードがお薦めです。

ノートパソコンでは、富士通製の親指シフトノートパソコンがありますが、かなりの値段がします。

 

(参考画像:親指シフトの配列 ― 上段のかなはストレートシフト(近い方の親指シフト)で、濁音はクロスシフト(遠い方の親指シフト)で入力します。)

しかし、親指シフト(NICOLA)入力では、現状、拗音(かな+ゃゅょぃっ等)の入力は、「かな」と「ゃゅょぃっ等」が別々に2アクションで入力する必要があります。

また、近年、文字キー同時押下による文字入力が可能になってきました。パソコンの処理能力が上がったことや、サポートするソフトウェアが出てきているためです。

そこで、親指シフト(NICOLA)入力との互換性を保ったまま、文字キー同時押下によって拗音をワンアクションで入力することができる文字配列を考えることにしました。

目標

●NICOLA完全上位互換(NICOLAとして問題なく使用可)
●文字キー同時押下による拗音のワンアクション入力を「っ」も含めて完全サポート
●打ちやすく、徐々に覚えることができる覚えやすい

NICOLA拗音拡張配列の説明

上記のように、親指シフト(NICOLA)入力だと、濁音、半濁音をワンアクションで入力することができます。親指シフト(NICOLA)入力については詳しくはこちらこちらを。

本NICOLA拗音拡張配列では、文字同時押下によって、NICOLA入力はすべてそのままで、これに加えて、拗音・促音等の入力(かな+ゃゅょぃっぁぃぅぇぉ)をすべてワンアクションで行えるようにします。

これによって、日本語を考えるリズムで文字を入力することを目指しています。

nicolayouonextension2

(NICOLA拗音拡張のレイアウト ― クリックして表示される高解像度画像を保存してワープロソフトに貼り付けて印刷することができます。段ごとに切ってディスプレイの縁に貼り付けることをお薦めします。)

■ルール

(実際に少しずつ使ってみた方がいいかもしれません)

●拗音の小さい文字を、(1)ぁゃ、(2)ぃ、(3)ぅゅゎ、(4)ぇ、(5)ぉょ、(6)っ の6つのグループに分けます。

●(A)前かなのキー(NICOLAと同じ)+(B)キーボードの反対側の組み合わせキーの2つのうちのどちらか を同時に押します(下かながメイン組み合わせキーを使用)。

●メイン組み合わせキーとサブ組み合わせキーが、左右に1つずつ、合計4つあります((1)~(5))。

●メイン組み合わせキーはサブ組み合わせキーよりも打ちやすい位置にあります。

●前かなが下かなの場合はメイン組み合わせキー、前かなが濁音かな・上かなの場合ははサブ組み合わせキー。ただし、空いていればメイン組み合わせキー。

●「(6)っ」の場合は、第1のかな(下かな)、第2のかな(濁音など)の他に、第3のかながあります(ぱ、る、ま、み、お、の、ぽ、ぷ、ゆ、ぺ、わ、え、り、れ、あ、な、も、ろ、や)

)。第3の組み合わせキーは、「かな」キーの外側の隣のキーです。例えば、「ぱっ」はY+U(Yの右隣)、「あっ」はS+A(Sの左隣)になります。

●よく使うので、「って」は「D+A」、「った」は「D+E」を追加。

  (1)ぁゃ (2)ぃ (3)ぅゅゎ (4)ぇ (5)ぉょ (6)っ
左メイン組み合わせキー
(右側の下かな用)
右メイン組み合わせキー
(左側の下かな用)
左サブ組み合わせキー
(右側の濁音等用)
右サブ組み合わせキー
(左側の濁音等用)

例えば、「しゅ」は、左にある「し」のキー「(3)ぅゅゎ」の右メイン組み合わせキーになるので、S+Mになります。

ここで、Sキーに割り当てられている「し」「じ」「あ」のうち「し」は「下かな」なので、メイン組み合わせキーを使用します。

他の例では、「じゅ」はS+,、「ちぇ」はU+E、「にぇ」はU+W、「ぴゅ」はP+G、「ぱっ」はY+U、「ぴっ」はP+Q、「ぽっ」はL+;、「てっ」はD+@、「でっ」はD+/、「なっ」はD+Sです。

説明を読むよりも、動かして打ってみるほうがわかりやすいかもしれません。

表:(1)~(5)の拗音
(後日)

<追記>
拗音拡張表を作ってくれた方がいます。
http://blog.livedoor.jp/himechibi222/archives/51627238.html

以上が「NICOLA拗音拡張配列」についての説明です。


導入方法

「NICOLA拗音拡張」を簡単に設定できるDvorakJ親指シフトインストーラーまたはやまぶき/やまぶきR親指シフトインストーラーを使用してインストールするのが楽です。

DvorakJ親指シフトインストーラーでは、「かんたん設定」にて、やまぶき/やまぶきR親指シフトインストーラーでは、タスクトレイにあるアイコンを右クリックして、設定します。

※Mac等用の配列ファイルを作られた方がおられましたら、ご提供いただけると公開させていただきます。

ソフトウェアやハードウェアへの実装について

ソフトウェアやハードウェアへの実装、配列定義ファイルの変更・配布は、大歓迎です(もちろん無償)。

謝辞など

このNICOLA拗音拡張を考えるにあたっては、親指シフト配列、NICOLA配列はもちろん、蜂蜜小梅配列の思想が大きな動機付けになりました。また、やまぶきR、DvorakJなどのソフトウェアなしでは到底実現できないものです。これらの開発者の方々には厚く御礼を申し上げます。

改善など

このページのコメント欄にてご意見、ご要望をお願いいたします。

履歴

■2015/4/15: Ver.0.90公開。組み合わせキーは(1)~(5)では2つ、(6)で3つ。NICOLAで割り当てられているものを基本的に使用。

■2015/4/16: Ver.0.93。打ちにくいので、覚えやすさよりも打ちやすさを重視して、(1)~(5)に対してそれぞれ、左右に対称的にメイン組み合わせキーとサブ組み合わせキーが合計4つ、(6)では第3組み合わせキーとで4つと大きく仕様変更。

■2015/4/17: Ver.0.94。\は打ちにくいので、第3組み合わせキーを「同じ側のJ又はK(F又はD) 前かながJ(F)の場合はD(A)」と変更。

■2015/4/19: Ver.0.94d。「み」「ぴ」をサブ組み合わせキー用に変更。「ぱっ」はY+Lにした。

■2015/4/20: Ver.1.00。上かな・半濁音用の第3組み合わせキーは、「同じ側の人差し指のホームキーJ又はF(前かなが人差し指のキーの場合は薬指のホームキー又は) ただし、J(F)の場合はD(A)」としました。

■2015/4/20: Ver.1.01。記号だけ変えました。

■2015/4/23: Ver.1.02。上かな・半濁音は、同じ側の人差し指のホームキーJ又はF(前かなが人差し指のキーの場合は薬指のホームキーL又はS) ただし、前かなが「お(J)」、「よ(Y、;)」→Z、としました。Y+@が打ちにくいためです。

■2015/4/25: Ver.1.03。追加で「って」は「D+A」にしました。

■2015/5/15: Ver.1.05。(5)ぉょの左メイン組み合わせキーをZからDに変更しました。Zが打ちにくいためと、Dを使用できることを確認したからです。ちなみに、私はZを薬指で打つのでQよりZの方が打ちやすいのですが、一般的には、ZよりQの方が打ちやすいようですので、Qを左サブ組み合わせキーとしています。ここらへんはコメントにて教えていただけると助かります。ほぼ最終仕様です。

■2015/7/2: Ver.1.06。配列定義ファイルのみの変更で、NICOLA拗音拡張配列の仕様は変えていません。ほとんどの記号で確定されるように変更しました。また、やまぶきR向けに「、」「。」で全確定される確定バージョンも別途用意しました(インストーラーも)。NICOLA拗音拡張配列の仕様はもう変えないと考えていいと思います。

■2015/7/12: Ver.1.07。「った」は「E+A」に割り当てることにしました。また、orz配列で数多くのバグがあったので直しました(やまぶきR用のみ)。

■2015/12/4: Ver.1.20。(5)ぉょの左サブ組み合わせキーをQからSに変更しました。Qは打ちにくいため代用できるキーを探していたところ、みょ、ぴょをメインとすることで、Sを利用できることがわかりました。また、Qが空いたことに伴って、ぢゃぢゅぢょの前かなのキーは、Qにしました。Rが空いたことに伴い、「ぴ」はメイン組み合わせキーを使うことにしました。これで、最終仕様(仮)です。

■2016/2/3: Ver.1.21。Ver.1.20によってQが空いたので、「(6)っ」の「上かな・半濁音用の第3組み合わせキー」は、Qと単純にしました。例外は、「あっ」→S+F、「むっ」→「,+J」、「ぼっ」→「.+J」だけになりました。

■2016/11/7: Ver.1.58(バージョン番号はインストーラーの番号と合わせています 仕様の変更はここで書いたときのみです)。「(6)っ」の組み合わせキーとして「;」は使わないことにし(同時打鍵の誤解釈が多いため)、「@」「/」「Q」「Z」キーを使うことにした。これによって、(1)~(6)が規則的になった。これを受けて「ぇ」「ぃ」の組み合わせキーを少し変更。

■2017/4/9: Ver. 1.62 第3のかなの撥音(?っ)の仕様を変えました。打ちやすくなり覚えやすくしました。
●撥音・促音(?っ)を入力する際、第1の組み合わせキー(下かな用)、第2の組み合わせキー(濁音など用)または第3の組み合わせキーと同時に押します。
●第3の組み合わせキーは、「かな」キーの外側の隣のキーにしました。例えば、「ぱっ」はY+U(Yの右隣)、「あっ」はS+A(Sの左隣)になります。